電気主任技術者試験の対策室 > > 平成16年度第三種電気主任技術者試験法規 問4



平成16年度第三種電気主任技術者試験法規 問4

平成16年度第三種電気主任技術者試験法規 問4

解答・解説へ






















解答
【5】

解説
電技第32条1項,2項によって以下のように規定されています。

架空電線路または架空電車線路の支持物の材料および構造(支線を施設する場合は,当該支線に係るものを含む)は,その支持物が支持する電線等による引張荷重,風速40m/秒の風圧荷重および当該設置場所において通常想定される気象の変化,振動,衝撃その他の外部環境の影響を考慮し,倒壊のおそれがないよう,安全なものでなければならない。

ただし,人家が多く連なっている場所に施設する架空電線路にあっては,その施設場所を考慮して施設する場合は,風速40m/秒の風圧荷重の1/2の風圧荷重を考慮して施設することができる。

次へ


受験体験記募集中
これから電気主任技術者試験を受験される方のために、あなたの受験体験談を教えてください。
あなたの勉強法や失敗談などの経験談がこれからの受験者にとってとても貴重な情報となります。
ぜひこちらまでご投稿お願いします。
電験3種の質問受付中
電気主任技術者に関する質問を掲示板で受付中です。
管理人の分かる範囲で、出来るだけお答え致しますのでどしどし投稿してください。
電気主任技術者掲示板
サイトの感想募集中
当サイトの感想や「こんな情報が知りたい」等のご意見をお待ちしております。
必ずお返事致しますのでお気軽にメールしてください。
こちらまでメールお願いします。

This website is powered by Movable Type